ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

アンプの修理

b0109511_14274225.jpg
マッキントッシュのアンプの修理の件で、「どうなってるの」と聞いてみた所、下記返事が来た。いささかうんざりが正直な気持ちである。
杉本 良明 様

先日は修理品をお持ち込みいただきありがとうございます。

マッキントッシュのMA7000ですが修理に時間がかかっており申しわけご
ざいません。

> ・ほぼ3週間経ちましたが、まだ何の連絡も頂戴していないので、今後の
>見込み日程をお知らせいただけるとありがたいです。

メーカーのエレクトリに確認したところ、修理が混み合っており受付より
3週間近く経過しておりますが、順番待ちとなっており、未だ未着手となって
いる状態だそうです。
予想される見積もり連絡時期は10月の半ばになるそうです。

修理につきましてはお急ぎのところ申しわけございませんが、お待ちくださ
るよう、お願い申し上げます。

担当:  ○○
エレクトリによるマッキントッシュのメンテナンスははっきりいって×だ。マッキントッシュ・ジャパンのころは保証書もあったので、2週間程度で連絡が来たが、今の状況はひどい。かなりのファンのつもりだったが、結構萎えてしまった。

輸入オーディオのメンテナンスはどこも五十歩百歩なのかもしれないが、これほどひどくはないだろう。メンテナンスは国内メーカーはずっとましなように思う。
[PR]
by yoshisugimoto | 2014-09-20 14:28 | オーディオ | Comments(0)