ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

ジョビンの自作自演

b0109511_18452320.jpg
ジョビンがクラウス・オガーマンのオケのアレンジで入れたアルバムを入手した。実は聴くのはこれが初めてではない。以前、オムニバス盤で部分的に聴いたことがある。ぱっと聴きはBGM的なムード音楽だが、格調は高い。ピアノはジョビン自身が弾いているが、訥々としたなかにも味がある。手癖も独特なので、一聴ジョビンとわかる。おなじムード音楽でも昔人気のあったモール・モーリアなんかとは比較にならない。さすがはクリード・テイラーのプロデュースである。

夏はボサノバが合う。が、夏もそろそろ終わりだ。今年はボサノバをたくさん聴いた夏だった。

1. イパネマの娘
2. 平和な愛
3. おいしい水
4. 夢見る人
5. ファヴェラ
6. お馬鹿さん
7. コルコヴァード
8. ワン・ノート・サンバ
9. メディテーション
10. ジャズ・サンバ
11. ノー・モア・ブルース
12. デサフィナード
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2014-09-09 18:57 | ジャズ | Comments(0)