ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

AURA盤で聴くウラニアのエロイカ

b0109511_22301358.jpg
イタリアにAURA(アウラ)というレーベルがあった。過去形になるのは、このレーベルのサイトがもはや存在しないこと。おそらく廃業したのではないかと想像する。ヒストリカル録音の廉価盤専門レーベルだったが、ここの復刻は実にセンスがいい。Duttonもいいが、AURAの復刻センスも互角だ。どのCDを買っても失望したことがない。

このレーベルからウラニアのエロイカの復刻が出ている。偶然アマゾンの中古で見つけたのだが、送料込みで400円しなかった。内容は期待通り、今まで買ったどの復刻よりもいいと思う。その昔はフォンタナのLPを買ったことがあるが、古色蒼然たる音だった。盤起こしCDはスクラッチノイズが嫌だったので、テープ音源のCD(Melodiya)も買ってみたが、何度も聴きたいとは思ったことがない。

それに比べてAURA盤は実にいい。何度も聴きたいと思える再生音で、ウラニアのエロイカはこんな音でないと楽しめない。ウラニアのエロイカというと有名なだけで、個人的には引いてきたのだが、ここに来てやっと決定盤と出会えた感じがする。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2014-05-08 22:49 | クラシック音楽CD | Comments(0)