ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

小澤征爾とサイトウ・キネン・オケの初期盤

b0109511_18255423.jpg
小澤征爾とサイトウ・キネン・オケの初期盤で、1989年録音。なんと演奏旅行の折に、ベルリンのイエスキリスト教会で録音されたとのことである。カラヤンの録音で有名なところだ。ちょっとDGみたいな深々とした低音で録られている。癖のない演奏で、その分オケのパッションがダイレクトに伝わってくる。

このCDはやはりフィリップスのジャケットで持っていたい。デッカのジャケットでは感じが出ない。今から20年ほど前に某氏が一度我が家に持参されたことがある。その頃から名盤の評価が高いCDだった。今回改めて入手したが、小澤氏の新録音はそうは期待できそうもない。やっぱりこのころ(フィリップス時代)がピークだった感じがする。

演奏: サイトウ・キネン・オーケストラ
指揮: 小澤征爾
作曲: ブラームス

1. 交響曲第4番ホ短調op.98
2. ハンガリー舞曲第5番ト短調(パーロウ編)
3. ハンガリー舞曲第6番ニ長調(パーロウ編)
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2014-01-22 18:38 | クラシック音楽CD | Comments(0)