ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

マッキントッシュのプリメインの新機種

b0109511_0205641.jpg
b0109511_0211421.jpg
エレクトリはMcIntoshのプリメインアンプ「MA8000」と「MA7900」を2014年1月10日に発売する。価格は「MA8000」が1,365,000円(税込)、「MA7900」が945,000円(税込)となる。

両モデルは2013東京インターナショナルオーディオショウにて参考展示されていたモデルとなる(関連ニュース)。

出力は「MA8000」が300W+300W(2、4、8Ω)、「MA7900」が200W+200Wとなる。スピーカーインピーダンスのマッチングを行う「オートフォーマー」を搭載し、2、4、8 オームいずれの負荷でも、特性を犠牲にすることなく同等の出力を供給できるという。

「MA8000」は8バンドイコライザーを搭載。25Hz、50Hz、100Hz、200Hz、400Hz、1kHz、2.5kHz、10kHzの周波数ポイントにおいて、±12dB範囲での調整が可能。加えて30Hz、150Hz、500Hz、1.5kHz、10kHz の周波数ポイントで±12dB範囲の調整が可能な5バンドイコライザーも装備する。「MA7900」は5バンドイコライザーのみを搭載する。

「MA8000」はUSB1系統、同軸2系統、光2系統の合計5系統、「MA7900」はUSB1系統、同軸1系統、光1系統の合計3系統のデジタル入力を搭載。USB入力は192kHz/32bitに対応。同軸/光は96kHz/24bitまでの対応となる。

以上ファイルウェブから転載
b0109511_0213474.jpg
上の2つは昨年のハイエンドショーで見たマッキントッシュのプリメインの新機種。MA8000とMA7900である。予定通りならつい最近発売になったばかり。MA8000はMA7000に取って代わって新しいフラグシップ機となった。

DAC内蔵とのことだが、感心しない。CDPにもDACが内蔵されているのを考えると余計な機能である。それにDACはまだ進化すると思う。一番下は筆者の現用機MA7000だが、3機種のうちでなら今でもたぶんこれを選ぶに違いない。価格も一番安い。新製品といっても二番煎じそのもので、両機種ともあまり売れそうな感じがしない。

しかし、MA7000のときも若干新鮮味はあったが、やっぱり二番煎じだった。こうした代わり映えのしない機種を出し続けるあたり、マッキントッシュの凋落を感じるのは筆者だけだろうか。もうアンプの音質的な進化はすでに停止して久しい。メーカーとしても商業上、新製品は出さなければいけないのだが、たいへんだな~と思う。
[PR]
by yoshisugimoto | 2014-01-18 00:30 | オーディオ | Comments(0)