ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

オーディオとの因縁

b0109511_11334871.jpg
最近わりとはまったSPエナコム。ヤフオクで出品があったので、サブSP用に安く落札できたらいいな、の軽い気持で入札。ま、いくら頑張っても出して4000円までだな、と思っていたら、結局その金額で落札できてしまった。他の入札者も同じ意見だったのだろう。年末年始は時間があるので、多くのマニアがヤフオクに群がるものと思われる。

さて出品者の方から、メール連絡を受け取ったが、その名前に見覚えがある。私が1977年に日本橋のN無線のオーディオ売り場でバイトをしていたが、そのフロアでお世話になった主任さんである。「もしかして」と打診してみたところ、回答があってご本人と判明。当時からたいへんオーディオに精通しておられた。私にとっては実質初めての上司となる。時に筆者18歳、生まれて初めてのバイトだったの結構克明に覚えている。もちろんご挨拶のメールをお送りしておいた。

高校在学時から、筆者はドライアイの心身症に悩まされていた。あんまりひどいので、大学受験を一旦断念、社会経験を先にすることになった。ちょうど山水電機の派遣店員(ヘルパー)のバイトの募集があったので、それに応募、採用となった。1日8時間のフルタイムでフロアに立って日給3500円だったと思う。

バイトしたのは半年間。その間3店舗を経験したが、N無線は3ヶ月ほど居させてもらった。N無線で筆者がいたフロアは、JBLは4343、4350、パラゴンがあったし、アルテックはA5、620Aがあった。タンノイはオートグラフやアーデンがあった。高級オーディオの展示では当時日本橋随一であったと思う。18歳の高校出たての若者がどうしてそんな売り場に立てたのか。そこは天の配剤ともいうべきもので、筆者のオーディオの因縁浅からぬところから来ていると思う。

36年の時空を超えてそういう形で過去にお世話になった方と接点があったことも、たいへん不思議に思う。世間的にはよくあるエピソードに過ぎないが、神様はじつに粋なお膳立てをするものだ。オーディオとの因縁をさらに噛み締める思いである。

大晦日にあたり、ブログを日ごろのぞいてくださる読者の方に、この小さな出来事もご紹介しておこうと思い記事にした次第です。来年もどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by yoshisugimoto | 2013-12-31 12:11 | オーディオ | Comments(0)