ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

フルレンジのエージング

b0109511_20385790.jpg
スピーカーはエージングに時間がかかる。概してエージングが進む前の音はきつく、大味なものだが、エージングが進むと滑らかで、細かい音が出るようになる。とくにフルレンジ・スピーカーはこの落差が大きいように思う。

加えてエージングが進むと吸音材の量の再調整もやりたくなる。エージングを見込んで吸音材の量を事前に加減できればいいのだが、なかなかそうもうまくいかない。

さて上の2つはPARC AUDIOの新製品の10cmのフルレンジ・ユニットで、黄色がケブラーコーン、白はアルミコーンということである。TWやネットワークなしで手軽に使えるので、大いにそそられるのだが、エージングに半年はかかるのではないだろうか。あくまでも想像だが、パルプコーンのようにこなれる感じがしないのである。

結局、現用のユニットを継続して鳴らしこむのがベストという判断になってしまう。現用ユニットから浮気するなら圧倒的に差をつけるのでなければ、あまり意味はないと思う。一長一短では浮かばれないのである。
b0109511_20554017.jpg

エージングはオーディオの資産なのだ。結局、これと決めたスピーカーをいかに鳴らしこむかががコツなのだと思う。
[PR]
by yoshisugimoto | 2013-08-15 20:59 | オーディオ | Comments(0)