ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

マーキュリー録音のガーシュイン

b0109511_11354759.jpg

引き続き、マーキュリー録音の話題。このCDはアマゾン中古で1円だった。送込み341円で入手した。個人的にマーキュリー録音は安ければ買いだ。

2曲目の「キューバ序曲」というのはコープランドの「キューバ舞曲」と混同していたが、全く別の曲で、こちらはガーシュインである。マラカスやボンゴが軽やかに鳴るラテン系の明るい曲だ。コンサートのオープニングにもイケルと思う。もっとも後続がワーグナーというわけには行かないだろう。

このCDはマーキュリーらしく中高音がデッドな感じがある。個人的にこの感じは好きなほうである。Dレンジは現代録音に比べれば及ばないが、立派なものである。

演奏: イーストマン=ロチェスター管弦楽団, リスト(ユージン)
指揮: ハンソン(ハワード)
作曲: グローフェ, ガーシュウィン

1. ラプソディ・イン・ブルー
2. キューバ序曲
●グローフェ:
3. 組曲「グランド・キャニオン」
4. 組曲「ミシシッピ」
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2012-01-29 11:47 | クラシック音楽CD | Comments(0)