ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

オーマンディの管弦楽名曲集

b0109511_804883.jpg

オーマンディの管弦楽名曲集。ストコフスキーのバッハ・トランスクリプションは指揮者の体臭が強すぎ、好きになれなかったが、こちらはバッハ以外の曲も多く入っている。バッハの編曲も穏当なものだ。筆者は主観的な演奏よりも、曲の素材の良さで聴かせる演奏が好きなのだ。その意味でオーマンディは最右翼である。

基本的にオーマンディなら何でも聴きたいほうなのだが、すべての音源を入手するわけにはいかない。そこで効率重視でつまみ食いすることになる。オーマンディは日本での評価が高いとは言えないので、中古品が安価で出回る。このCDもアマゾンの1円CDだ。

個人的にはオーマンディはRCA時代よりもCBS時代のほうが面白い。CBS録音は下手な装置で聴くとキンキンシャリシャリとうるさいだけだが、ちゃんとした装置で聴けば、そのキンキンシャリシャリはつやや輝かしさであったことがわかり、惚れ直してしまう。

トッカータとフーガ / オーケストラ名曲集
演奏: フィラデルフィア管弦楽団
指揮: オーマンディ(ユージン)

1. トッカータとフーガ ニ短調(バッハ)
2. 主よ,人の望みの喜びよ(同)
3. 小フーガ ト短調(同)
4. G線上のアリア(同)
5. 愛の喜び(クライスラー)
6. セレナード(シューベルト)
7. 夢(ドビュッシー)
8. ホフマンの舟唄(オッフェンバック)
9. 歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」~間奏曲(マスカーニ)
10. 月の光(ドビュッシー)
11. 弦楽五重奏曲ホ長調~メヌエット(ボッケリーニ)
12. 弦楽四重奏曲第2番~ノクターン(ボロディン)
13. 同第1番~アンダンテ・カンタービレ(チャイコフスキー)
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2012-01-26 08:15 | クラシック音楽CD | Comments(0)