ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

人がおおぜい入ったコンサートホールの生の音はそう美しくない

b0109511_13185859.jpgb0109511_13191018.jpg第59回 名曲コンサート
2010年01月24日(日)


指 揮 : 矢崎 彦太郎
フルート: 工藤 重典


ビゼー    : 交響曲 第1番 ハ長調
イベール   : フルート協奏曲 <イベール生誕120年>
ラヴェル   : 亡き王女のためのパヴァーヌ
ドビュッシー : 管弦楽のための映像(映像第3集)より第2曲「イベリア」
☆コンサートに寄せて

大阪シンフォニカーのコンサートに行ってきた。オーディオ・マニアの当方としては、生の音と我が家の再生音を比較するわけだが、人がおおぜい入ったコンサートホールの生の音はそう美しくない。とくにビゼーの交響曲のような弦楽主体の曲は、我が家の再生音のほうが、音は美しいと思う。ただし、 ドビュッシーの「イベリア」は打楽器も多く、予想以上の大編成だった。打楽器が入ると、やっぱり勝てないなと思う。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2010-01-25 06:18 | オーディオ | Comments(0)